自律神経症状の初期症状について解説

query_builder 2023/03/01
コラム
49

最近調子が悪いと、自律神経症状を疑う人も多いのではないでしょうか?
初めて耳にした人も自分は、当てはまるのか気になるところです。
そこで今回は自律神経症状の初期症状について紹介していきます。

▼自律神経症状の初期症状について
自律神経症状は様々な原因で起こるものですが、初めて起こる人は初期症状について気になる人も少なくありません。
疲労感や倦怠感が最初に感じることが多く、全身に症状が起きるのですぐに気づく方が大半です。
通常の疲労感などは、少し寝れば落ち着くものですが自律神経症状は何日も続くことが特徴です。
初期症状としては、めまいや倦怠感などすぐに気づくものばかりとなっています。

■自律神経症状のセルフチェック
症状は以下の通りなので、ご自分がいくつ当てはまるのか参考にしてください。
・倦怠感や疲労感
・めまい
・微熱や全身のほてり、冷え
・睡眠障害
・食欲不振
・吐き気
・多汗
・頭痛や肩こり
・便秘や下痢
・集中力の低下
・不安や緊張感
・イライラしていることが多い

▼自律神経症状の原因と対策
主に、加齢による性ホルモンの分泌の減少や強いストレス、生活習慣の乱れが原因とされています。
自律神経症状は年齢関係なく起こるので注意しましょう。
対策としては、生活習慣の見直しや運動など自律神経を整えることが大切です。
リラックスする時間を作るようにして、ストレスを溜め込まないようにするのが一番となっています。

▼まとめ
自律神経症状の初期は、身体全身が感じるものが多いため少しの体調の変化で疑ってみても良いでしょう。
この症状は年齢を問わず起こるものなので、どんな方であっても自律神経をきちんと整えることが大切です。
当院では、自律神経症状でお悩みの方にも施術しておりますので気になることがあれば是非一度お問い合わせください。

NEW

  • 右腰だけ!左腰だけ!片方だけに痛みが出る腰痛の原因とは❓②

    query_builder 2023/08/21
  • 妊娠中に辛い頭痛が・・・原因と対処法は❓

    query_builder 2023/09/04
  • 背中に筋肉痛のような痛み。。。考えられる原因・対処法

    query_builder 2023/10/30
  • 老化の原因『糖化』

    query_builder 2024/01/05
  • 栄養を摂って花粉症対策❢

    query_builder 2024/02/12

CATEGORY

ARCHIVE