坐骨神経痛について
坐骨神経痛とは
坐骨神経痛とは
坐骨神経痛は、お尻の部分から足などに痛みなどが発症する症状のことをさしています。
腰椎からとその下の部分にある仙骨と呼ばれる骨盤からでている神経のこと
を坐骨神経痛と呼び、人の体の中では最大となる太さなのが特徴です。
お尻から足の後ろの部分に伸びている末梢神経と呼ばれているもので、脳からの命令を伝達して筋肉の動きなどを支配しています。
歩いたり運動したりするときに欠かすことができないバランスなどの情報を脳から伝える神経なので、大変重要な神経の一つです。
坐骨神経痛の症状

歩いたり運動したりしている場合に、様々なことが原因になり坐骨神経が圧迫などの刺激
を受けると痛みを感じることが多くなります。いろいろな刺激などを受けたことにより、
痛みなどを感じる症状の総称が坐骨神経痛です。


様々なことにより痛みなどを感じることがありますが、腰椎椎間板ヘルニアや
腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症などが原因と言われています。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛を引き起こす原因としてよく知られている症状です。

腰椎椎間板ヘルニアを 引き起こす可能性が?!
腰痛の症状に中では最も恐ろしい症状をされているものなので、腰痛だと簡単に考えることはできません。
この症状が悪化してしまうと、歩行が困難になることも多いので気を
つけることが大切です。
脊椎の間にあるクッションを椎間板と呼び、これが薄くなると体重などの負荷により痛みを発症してしまいます。
坐骨神経痛の原因となる腰椎椎間板ヘルニアは、加齢による椎間板や骨などの老化によって発症することが多い症状です。
これら以外にも、日常生活における姿勢や遺伝などによっても引き起こされることが多くなります。
治療方法
治療方法
この症状が発症した場合は、痛みなどの進行具合により外科的手術か保存療法が主な治療方法です。
腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管と呼ばれている部分が何かによって狭くなり痛みなどを
発症する症状になります。この症状を発症する理由はわかってはいませんが、ヘルニア
などの合併症として痛みを感じることが少なくありません。
加齢が進み骨がもろくなり背骨に変化が見える場合でも、腰部脊柱管狭窄症を発症することがあります。
外傷性のものにより発症することもあるため、痛みなどを感じる場合は早めに医療機関での診察が必要です。

排泄などに障害がある場合は手術などを行うこともありますが、保存療法で治療を進めていくことが多くなります。坐骨神経痛はこれらの症状によって引き起こされることが多い症状なので、原因となっている病気を診断していくところから治療がスタートするのが特徴です。