骨盤矯正・産後骨盤矯正・腰痛・交通事故治療等、お身体の不調でお悩みの方、白岡市のひつじ整骨院・整体院にお任せください!宇都宮線「新白岡駅」から徒歩約2分!

腰痛について

坐骨神経痛について

ぎっくり腰について

腰痛について

腰痛はなぜ起こる?

.

人体に感じる不調の中でも馴染み深い腰痛は、大勢の方々が見舞われた経験がある様子

からもわかるように、男性においては最も訴える症例数が多くなっています。

男性に限らず女性においても肩こりの次に症例数が多くなっている上に、
患者の数年々増加傾向です。

.

.

 腰という部位は一本の骨で成立しているのではなく、腰椎というブロック状の骨が5つ積み上げられている事により成立しています。

 5つのブロック状の骨によって成立しているからこそそれぞれが本来の位置で機能する事が難しく、

 些細な刺激が加わっただけでバランスが崩れてしまい痛みに繋がったり、一切負担に感じていない事でも継続していくと
 知らず知らずのうちに疲労が蓄積し、痛みに繋がる場合があります。

.

なぜ改善しないのか。

.

腰は人間が動作をする時に中心になる要なので腰痛とは言っても個々により

原因が大きく異なる上に、原因の発見にまで至る症例は全体の15%しかあり

ません。

.

多い原因は腰椎自体が直接的に障害を受ける事による

圧迫骨折腰部脊柱管狭窄症椎間板ヘルニアなのですがその他にも
血管臓器などの腰骨とは無関係に感じられる部分が原因になっている
場合もありますし、細菌に感染していたりガンを患っている事が起因と
なり腰痛に繋がっいる事例もあります。

.

 このように特定に至る事ができる15%の症例とは裏腹に、85%はレントゲンを利用して徹底した検査を行っても特定ができません

 レントゲンは骨自体を撮影して異常を目視確認する事が可能であるため、レントゲン撮影を講じても異常が見られないという事は

 骨に問題があるのはなく、外見上にはわからないその他の事柄が要因になっています。そのため

 不眠症状日々の生活習慣不安感ストレスが要因になり腰痛に繋がっている事例が多く
 レントゲンには撮影されない神経が異常をきたしていたり障害を抱えていて痛みに繋がってる場合もあります。

.

治療方法

腰の痛みは身近な症状であるからこそ、不調を感じつつも我慢して生活し続けたり市販の

湿布薬を使用して個人的に治療を施し回復を目指す方が多いですが、

ガンなどの初期症状の可能性も含んでいるので手遅れを引き起こさないためにも、
腰痛を感じた時には医療機関の整形外科治療を受けるべきです。

.

 整形外科では薬物治療の他に精神的な面が原因である可能性も排除せずに診療を進めて頂けるため、

 自分に合った治療方法で速やかな回復が目指せます。

.

坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは

.

坐骨神経痛はお尻の部分から足などに痛みなどが発症する症状のこと

をさしています。

腰椎からとその下の部分にある仙骨と呼ばれる骨盤からでている神経のこと

を坐骨神経痛と呼び、人の体の中では最大となる太さなのが特徴です。

.

 お尻から足の後ろの部分に伸びている末梢神経と呼ばれているもので、脳からの命令を伝達して筋肉の動きなどを支配しています。

 歩いたり運動したりするときに欠かすことができないバランスなどの情報を脳から伝える神経なので、大変重要な神経の一つです。

.

坐骨神経痛の症状

歩いたり運動したりしている場合に、様々なことが原因になり坐骨神経が圧迫などの刺激

を受けると痛みを感じることが多くなります。いろいろな刺激などを受けたことにより、

痛みなどを感じる症状の総称が坐骨神経痛です。

.

様々なことにより痛みなどを感じることがありますが、腰椎椎間板ヘルニア
腰部脊柱管狭窄症腰椎すべり症などが原因と言われています。

腰椎椎間板ヘルニアは、腰痛を引き起こす原因としてよく知られている症状です。

腰椎椎間板ヘルニアを
引き起こす可能性が?!

.

.

腰痛の症状に中では最も恐ろしい症状をされているものなので、腰痛だと

簡単に考えることはできません。

この症状が悪化してしまうと、歩行が困難になることも多いので気を
つけることが大切です。

.

 脊椎の間にあるクッションを椎間板と呼び、これが薄くなると体重などの負荷により痛みを発症してしまいます。 

 坐骨神経痛の原因となる腰椎椎間板ヘルニアは、加齢による椎間板や骨などの老化によって発症することが多い症状です。

 これら以外にも、日常生活における姿勢や遺伝などによっても引き起こされることが多くなります。

.

治療方法

.

この症状が発症した場合は、痛みなどの進行具合により外科的手術保存療法が主な
治療方法です。

腰部脊柱管狭窄症は、脊柱管と呼ばれている部分が何かによって狭くなり痛みなどを

発症する症状になります。この症状を発症する理由はわかってはいませんが、ヘルニア

などの合併症として痛みを感じることが少なくありません。

.

.

 加齢が進み骨がもろくなり背骨に変化が見える場合でも、腰部脊柱管狭窄症を発症することがあります。
 外傷性のものにより発症することもあるため、痛みなどを感じる場合は早めに医療機関での診察が必要です。

 排泄などに障害がある場合は手術などを行うこともありますが、保存療法で治療を進めていくことが多くなります。坐骨神経痛は

 これらの症状によって引き起こされることが多い症状なので、原因となっている病気を診断していくところから治療がスタート

 するのが特徴です。

.

ぎっくり腰について

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰とは急性腰痛のことであり、慢性的な腰痛とは違い重たいもの
持ち上げたときなどに急激に腰に負荷がかかることで発生する激痛
ことを指します。

.

一般的には椎間板ヘルニアの症状がぎっくり腰の症状とほぼ一致している

ことから、ぎっくり腰とは椎間板ヘルニアのことなのだとイメージして

おいて構わないとされてもおります。

ぎっくり腰の対処法

仮にぎっくり腰が発症してしまったらどうのような対処をすればいいのかというと、
まずは病院に行くのが最善策です。

早ければ2週間程度で通常の生活に戻れるくらいにまでは回復する場合もありますが、

重度の腰痛椎間板ヘルニア医師のサポートがなければ完治させるのが難しいのが実際

のところだからです。

.

 また安静にしておくことも大切であり、腰に負荷がかからないような形で横になっておくのも回復を促すと
 一般的には言われています。

 そして当然ではありますが、ぎっくり腰が治っていない間は重たいものを持ち上げたり運動することなどは控えるのが

 妥当です。激しい痛みが走るだけでなく回復が遠ざかってしまうからです。

.

整体を受けると
再発の可能性が低くなる

一度でもぎっくり腰になってしまった場合には、整体やマッサージを
受けると再発の可能性が低くなるため人気になっています。

.

ぎっくり腰の原因は筋肉や神経、椎間板など様々なので必ず整体や

マッサージで改善するとは限りませんが、筋肉の緊張を緩める効果や

体質改善効果などが得られるため、筋肉が過度に緊張して痛みを出して

いる方背骨や腰回りの骨の動きが悪くなってしまっている方などにとって

は有効的になっているのです。

.

仮に病院ではっきりと椎間板ヘルニアだと診断されたようなら、治療は病院

のみで受けるのが好ましくもなっています。ぎっくり腰は本当に痛くて大変

ですが、治療法改善法沢山ありますので記憶しておくといいでしょう。

.

整体を受けると
再発の可能性が低くなる

ぎっくり腰でお悩みなら、ひつじ整骨院・整体院にご相談ください。

当院ではぎっくり腰によるつらい痛みを根本から改善しますので、他のところでは

治らなかった方でもひつじ整骨院・整体院なら治すことが出来ます。

つらいぎっくり腰でお悩みならお早めにご相談ください。

お問い合わせ